占いにまつわる子供の頃の思い出

占いにまつわる子供の頃の思い出

何かに悩んだ時に

★女性 33歳
何かに悩んだ時に、占いに頼るということは子供の頃からよくありました。
子供はとても素直なので、悩みがあってもテレビの占いで自分の星座の運勢が良いと、それだけで元気になっていました。

学校でも簡単にできる占いが流行っていて、好きな人の名前と自分の名前で相性を占っていました。
その相性が良いだけで、2人は付き合っているという噂が流れたりしました。
占い方は電卓を使うものや髪の毛で占うものなど、本当に様々な方法があって、どこからともなく占い方法を知り、友達と盛り上がったことを覚えています。特に、女の子はこのような占いが大好きで、休み時間になるといつもやっていました。

大人になっても女の子は占いが好きです。
大人になると、本格的な占い師のところで占ってもらうようになりました。
有名な占い師に占ってもらっていると、子供の頃の純粋な気持ちになることができ、悩みも少し解消されたような気分になります。

近頃良く聞くキーワード、役立つこのサイトをチェックしてください

Copyright (C)2017占いにまつわる子供の頃の思い出.All rights reserved.